北海道北見北斗高等学校サイエンスクラブのホームページです。

部員たちが個々のテーマにもとづいて研究をおこない,北海道高等学校文化連盟理科研究発表大会や環境系イベントで発表を行っている北見北斗高校サイエンスクラブ。

2018年度,7名の新入部員を迎え,研究と調査に今年も燃えます!

今年度は常呂川調査に加え,河川ゴミ調査やカタクリ調査を実施。

オホーツク圏は興味の宝庫。調べて調べて楽しみまーす!!



<サイエンスクラブの略歴>

2004年から常呂川の水質調査を開始。

高文連の研究発表と常呂川調査の他,科学の甲子園,化学グランプリ,日本学生科学賞 などのコンテストへ参加,科学の祭典への出展,北見工業大学の留学生との交流や,オホーツク圏の巡検,北見市浄化センターや鹿の子ダムなどの施設見学もおこなっています。

2015年,環境問題に取り組む「GAP(グローカルアクションプロジェクト)」を設立。2017年7月,常呂川流域で活動する産官学の方による「水ミーティング」を実施。
2018年の水ミーティングは 7月15日(日)実施をめざして,現在準備進行中。
北見市の水環境保全に向けてがんばるので応援をよろしくお願いします!