kitamihokuto.sc

記事一覧(94)

使用後のプラスチックの行方を想像してみよう

妻が毎月購読している雑誌に「台所のプラごみを減らそう」という特集が掲載されています。この特集は今年から始まったので今月号が第3回。
早速、今月号の記事を読んでみました。 
この記事では、台所から出る使い捨てプラごみ減量のための実践として、
マイバッグや瓶入り調味料の使用を勧めています。
プラスチック製品は便利だから、僕らは気軽に利用してしまいます。
身近で鶏を飼育している方も、卵を割らずに運ぶには卵パックが一番と言っていました。そういえば、台所用スポンジや「激オチ〇〇」のようなメラミンスポンジ。これらは、使うと少しずつ破片が下水に流れ込みますね。
北見市の場合、この破片は下水処理場を通過するのだろうか。いずれ、詳しい人に確認してみたいと思います。
 昨年、サイエンスクラブ部員たちと河川ゴミ調査をしました。
拾った数が多かったのはレジ袋やペットボトル。
大きな体積を占めたのは、肥料袋とか牧草のラップフィルムと思われる産業資材。これらのごみはいずれ川を通って海に入るのでしょう。 プラスチックは汚染を吸着し、生態系にダメージを与えるかもしれないという話を聞きます。
そもそもの問題として、極めて分解しにくい物質を生態系内に放置して良いのか。
便利な生活が過剰な負荷を生態系内にかけている自覚をもつことも大切でしょう。古生代の示準化石はサンヨウチュウ。中生代はアンモナイト。
僕らが生きている時代はプラスチック?
 プラスチックが完全悪ではないけれど、使うときは、使用後のプラスチックの行方を想像する必要があると思います。下の写真は、2018年の1年間にわが家に持ち込まれたペットボトルのふたたち。

SDGs 有坂美紀さんに会いたくて環境講演会に行ってきたwww

2018年10月11日付の北海道新聞の「ひと2018」に、RCE北海道道央圏事務局長の有坂美紀さんが紹介されました。この記事を読み、顧問Nは「この人に会わなくてはいけない!」と直観的確信を得ましたので、GAPメンバーにも「こんな人がいるんだよ」と紹介したところ、メンバーは「話を聞きたいです(きっぱり)」。そりゃあそうでしょう。でも、札幌は遠いしねえ...。「ひと2018」を切り取り、いつもの手帳に入れて持ち歩いていました。するとその数日後の新聞紙上で、NPO法人環境カウンセラー全国連合会主催の環境講演会の記事をみつけ、その講師として有坂さんがお話されることがわかりました。(うむ。願いは叶うものです)すぐに参加を申し込みました。ということで、11 月 17 日(土)に札幌市環境プラザ で行われた環境講演会に参加してきました。 NPO法人環境カウンセラー全国連合会主催環境講演会のお知らせページ「わざわざ北見からいらしたのですか?」と受付で少し驚かれながら会場に入り、会場前部中央の席に陣取ってお話を聞かせていただきました。僕の興味は、SDGsとは何か、MDGsとの違いは何かいうこと。そして、サイエンスクラブでSDG’sに関する活動を進めるためにヒントを見つけたいと思い参加しました。果たして有坂さんのお話は、僕の興味を満たしてくれるものでした。講演後の質問にも答えていただきました。北見に戻って生徒に自慢したのは言うまでもありません(笑)。GAPの活動を進めるにあたって、ぜひ一度生徒たちにお話を聞かせていただきたいと思っております。